☆For better RC Life from the world!☆since 2010~
ホーム | EDFモデル > PNPF35C☆EDF70
商品詳細

F35C☆EDF70

販売価格: 18,500円 (税別)
希望小売価格: 27,500円
数量:
シングルEDFで軽快な F35 EDF70、EPS製 PNPフルセット。
PNPは4S仕様で、EDF70&モータ、サーボ、リンケージ引込み脚付き、デカール貼付け済みです。
((ブラックに近いグレイなので、日差しに注意して下さい。))

*Wingspan: 916mm
*Length: 1095mm
*Flying weight: 1000-1150g
*Ducted fan: 70mm EDF
*Thrust:≥1000g
*Motor: 2750KV brushless motor
*Servo: 8 x 9g
*Battery: 4S2200-3300mAh25C〜Lipo














※ギヤドアを改造で追加工し後付けした映像です。
他の写真
(画像をクリックすると大きく見られます)
F-35Cは、アメリカ海軍での使用を主とした通常離着陸型のCV[79]タイプ(艦載型)。2010年6月8日初飛行。2018年2月初期作戦能力獲得予定。 F/A-18A-Dの後継機であり、艦載機に要求される低速時での揚力の増加と安定性の強化のため、主翼・垂直尾翼・水平尾翼を大型化しており、主翼後縁の操縦翼面は、A/Bではフラッペロンのみであったが、本機はフラッペロンのほかに、外側に補助翼が装備されている。また、ニミッツ級、ジェラルド・R・フォード級原子力空母での運用のために、機体構造や降着装置の強化、前脚の二重車輪(ダブルタイヤ)化とカタパルト発進バーの装着、アレスティング・フックの強化、空母格納庫スペース節減のための主翼の折り畳み機構を追加している。これらにより、機体重量はB型と同程度にまで増大しているが、主翼と尾翼の大型化および固定武装のオミットによって機体内部の余剰容積も拡張された。これにより、結果的に燃料タンクが増設された形になるため、最大で8,959kgの燃料を搭載できるように計画する予定であり、むしろ航続距離はA型よりも13〜14%ほど延伸されている。また、新機軸の着艦システムとして、オートスラスト機能が装備されている。着艦アプローチの際、現用のF/A-18E/Fのパイロットはフラップやエンジンパワーの制御も行う必要があるが、F-35Cではコントロール・スティックを操作するだけで着艦を行うことが可能になる。
(画像をクリックすると大きく見られます)
上蓋を外して、電装類の処理作業が行えます。
低翼面荷重になるので、低速域はEDF初心者(中・上級者)にも扱い易いです。
ドローン的な長時間飛行や、アシスト装置(ジャイロシステム)を搭載して操縦難易度を下げる場合は、
無理の無い最適な構造です。 (維持メンテ等の技術的難易度は上がります。)
(画像をクリックすると大きく見られます)
  Powered by おちゃのこネット
ホームページ作成とショッピングカート付きネットショップ開業サービス