☆For better RC Life from the world!☆since 2010~
ホームお役立ち情報
天気予報 



風予報




TBSニュース










技術情報!





※私がやってる自由研究の一部・・・



 









推力理論



推力理論
推力理論




トラクター方式の優位性は、ヘリコプターの”転移揚力効果”とも密接に関係しておりその原理を証明するものとして
 今後の研究に期待されます。

 ※インテークリップの形状と有り無し次第で、最適化などが図れそうです。
 飛行させて突然、リポの活性化でもないのに性能が上がったように感じる事がありますが、
インペラのピッチと流速度が飛行速度で最適化された新たな推力が発生したと考えて良いです。 
 それをここでは「動態推力」と定義します。
(以前にラジ技でレポートした動的推力は、過負荷による推力低下を動的条件が回復させるという動的回復であり、異なる定義です。)

 動態推力では、インペラ枚数と速度の相関性、プッシャー式EDFでは動態推力が発生しないと理解出来ます。
 
 推力を上げるインテークリップは静止推力を上げる効果が大きいのでありますが、
 無い場合は動態推力を大きく感じる、ホビー限定では面白い効果を生むかもしれないという逆の一面もあります。
 入力流体を整流して入力抵抗を減らすインテークリップの形状効果は絶大です。
静止状態から加速して離陸速度に達するまでは、静止推力が支配的な駆動力となりますので、
 静止推力を評価の目安とお考え頂くと良いと思います。

 ESCアンプを含めた総合効率でEDFを評価していますが、今のところバッテリー側入り口で入力電力を計測するしかありません。
(※機械的なファンブレード効率は別問題で、妥協的な程度問題があると予想されています。)
 ESCアンプの効率が悪いとモータには充分なエネルギーが入りませんが、これはモータへの負担を小さくして
 安全性が上がる方向性(ディレーティング)と考える事も出来ます。
 つまり信頼性を確保できる代わりに最大性能を引き出せていないので、効率が低目になる訳ですが信頼性を犠牲にして 
 高性能を謳いサバ読むよりは正直です。


推力理論

推力理論などと難しく申し上げる前に、推力が飛翔体の飛行を継続する定常を説明する事が出来るので
 一種の飛行理論と考えられる一面があります。
 ボールのように、飛翔しない物体も”飛ぶ”と表現される事がある事を理解できますが
 翼が揚力を発生し、飛行する理論と同時に考える事で、飛行をより深く理解する事ができます。
 

 単純な物体の自由落下運動は、物理学の基礎ですが、重力によって無限に加速運動する訳ではなく、
空気抵抗と釣り合う速度で平衡し、定速運動になります。
それを当然のように思うのは間違えだと最近気づいたので紹介しておきたいと思います。
  
推力理論

速度に比例する空気抵抗があれば、推力と釣り合った時に定常飛行となりますが惰性で運動を継続しているのと同じです。
 エンジンの馬力で推進しているのではないので、エンジンの馬力は空気抵抗で消費されています。
 その馬力は、速度x空気抵抗(=推力)で計算されますが、単位時間当たりのエネルギー、馬力(ワット)なので
 推力馬力と定義されています。この定義と計算から巡航燃費が経済的かどうかを設計する事が可能です。


  Powered by おちゃのこネット
ホームページ作成とショッピングカート付きネットショップ開業サービス