☆For better RC Life from the world!☆since 2010~
ホーム | スペシャル企画品 > その他企画品お楽しみCDROM 〜スカイキャプテンの活動について〜
商品詳細

お楽しみCDROM 〜スカイキャプテンの活動について〜

販売価格: 0円 (税別)
オプションにより価格が変わる場合もあります。
形態:
数量:
スカイキャプテン活動の記録。  

理工系大学との交流と新しいニーズの発掘を継続しています。
全国レベルの関係大学、関係企業を含めた
「災害救援軽量航空機開発研究会プロジェクト」 は 2013年9月28日に国営放送の取材を受けました。
(NHK大津「超軽量飛行機開発 災害時の活用目指して」)

放映権の問題でダイジェストですがこちらにアップしております。




2014年秋に研究会は、関係事業へ引き継がれた形で終了、
発展的解散を致しました。
SKYCAPTAINは、円盤荷重に関する理論とVTOL技術の研鑽を継続しています。



 模型用プロペラの静止推力計算では、ダイヤ、ピッチ、回転数で求まる公式のようなものが有りますが
 ヘリコプター入門などの教科専門書で論じられている推力理論を引用、応用して EDFの静止推力も統合して考える場合は 
 ピッチ、回転数が不明でも比較的簡単に静止推力が計算出来ます。 それは便宜上優れていると私は思いますが
 電力と推力にある比例的関係があり、方程式で示す事ができるからなのです。
 その方程式によれば、
 電力が少ない程に電力P対推力Tの値(g/W勾配)が高く、効率が良くなります。
 この事は、単発で噴射流速を速くするよりも多発で噴射流速の遅い推力を束ねた方が効率が良くなる事を示しています。
 噴射流速度が遅いという事は、円盤荷重が小さいという事です。




古くから、米軍では既にその理論を使っていた形跡があります。
プラット&ホイットニー R-2800エンジンを使っていた軍用機の形状から推察する事が出来ますがその説明はまた後の機会と致します。



 

ひびきの北九州学術研究都市
http://www.ksrp.or.jp/
他の写真
(画像をクリックすると大きく見られます)
2013年度から、学生向けメルマガサービスの活動をしています。
VTOL技術は電動RCから研鑽し、無人機への応用として技術開発します。
Safety first!


※教習料については請求書を出しませんので、任意のご厚意があればお見積りの了解で徴収します。
(いかなる理由でも返金は致しかねます。お客様の不注意で教材の損失が発生した場合は都度協議致します。)

(画像をクリックすると大きく見られます)
スカイキャプテンの活動履歴概要。
ガイガーカウンタ・センサの支援、有力大学・学生への技術支援などは省いています。

ニッカド、ニッケル水素を使っていた時代に安全な小型軽量LI-IONを輸入・販売し絶賛を得ました。日本初の事です。
ご記憶の方も多いと思いますが、初期型のリチュームバッテリーは10C程度で負荷も少なく、信頼性重視でしたので大変長持ちしました。価格も高いので消耗品とは言えない高級品でしたがそれ相当の性能を発揮しました。その性能を背景にしてEDFジェット機が進化。当時の容量の3S1300mAh、1800mAhは今でもスタンダードな値ですが、これを基準にして模型が設計されて現在に至っています。

2004年から”SkyCaptain”を屋号に襲名しています。

(画像をクリックすると大きく見られます)
JAXAが提案するハイブリッド電動推進システム航空機。
多発化で円盤荷重を小さく設計し、信頼性を高めています。
ターボファンジェットエンジンからの進化と考えれば、インテーク部分にノウハウがあると考えられます。
  Powered by おちゃのこネット
ホームページ作成とショッピングカート付きネットショップ開業サービス