☆For better RC Life from the world!☆since 2010~
ホーム店長日記
店長日記
店長日記:114
2015年01月27日
ご好評頂いております、CL84-VTOLにつきまして
駐機中のフェイルセーフ及びメンテナンスモードの為に
スロットル・ロック機能(フルラダー操作5秒)がプログラム
されていますが、飛行中にこのモードに入りますと推力を失います。
通常飛行で、フル・ラダー操作を5秒以上行う事は無いと思いますがご注意お願い致します。
それから、想定外の危険を回避するためのリスト”CL84危険回避リスト”を作成しますので
飛行環境その他危険について、有識者の方のご意見ございましたらお待ちしております。((完成しましたらユーザー様へ配布致します))
当店のV2.1以降では、BECの問題を改善しておりますのでご参考下さい。



上級者向けですので、常識的なチェック項目は省いています。
着陸前の想定と緊急着陸については危険予知能力が問われるので
充分にイメージトレーニングを積んで下さい、宜しくお願い致します。

・・・尚、このリストを基にして新バージョンをご提案して参ります。
2014年12月30日
  今年も残すところ、あと僅かとなりました。
 大掃除は世間一般の行事ですが、RCマニアにとっては機器のメンテ、コネクター接点 の小掃除もお忘れなく!
 私の愛用して来たT7APが来年で11年目を迎えますが、去年くらいからバッテリー接点が劣化して来て、
度々不具合を起こすようになりました。そろそろ交換ですね。
 

コネクターは「信号の交差点」なのです。
(店長お気に入り語録)
2014年12月24日
CL84-VTOLが好評です。
高額商品にも拘わらずご購入頂いたお客様には、厚く御礼申し上げます。
これまで幾多のカスタマー・サポートを行って参りましたが、御礼のメールまでお送り頂き感激しております。
ご厚意に深く感謝致します。

VTOL・RCは、ブラシレスモータとLipoバッテリーの発達の賜物です。
電動化と電子制御によって、これまでにできなかった航空機が当たり前のようにRC化される時代が来ています。
無人機への応用が急速に進化している事が我々の趣味にプラスに働く事を期待しましょう。 
研究開発レベルでの関わり、支援・フォローが重要です。
((航続力を改善するには固定翼の能力が必要!))
スカイキャプテンは、皆様の趣味が健全であるように応援し活動して参りますので
益々のご期待をお願い申し上げます。
2014年12月13日
 皆様、体調を壊さないよう、ご自愛下さい。
三度の飯より好きなRCフライヤーは、雪が降っても積もっても水上飛行機が有ります。
スキーの要領でお楽しみ頂ける訳でありますが、
日本で最初に冬場で、電動の水上飛行機を売りまくったのは当店の店主です。
ご購入頂いたお客様、誠に有難うございました。
それまでは、水上機と言えば、夏のものでした・・・そのように記憶しています。

エスキモーに氷や冷蔵庫を売る、という営業ジョークは、有り得るのだと思いますし、それが技術革新やイノベージョンになるのだと思います。


2014年11月13日
 一部の商品は、既に販売価格が合わないものがございます。
レートの変動が営業努力の限界を超えています。
経済政策で100円/ドルに暫く安定しましたが、今や120円/ドルに迫ります。
原価べースで15-20%も上がるという事です。
在庫が無くなり次第、一部を円安に対応した新価格へ修正して参ります。
気になる商品ございましたら、お早目にお買い求め下さい。
新価格が気になる場合は、お問い合わせ等もお待ちしています。
(高額商品のポイント還元を一時中止致します)

 

更にご注意ですが、
海外ショップの価格で円換算しているものがありますが信用されないで下さい。 
未だに100-102円/ドルのレートで表示しているものがあり大きな損失を受けかねません。
2014年11月11日
 当ショップリンクの面白動画集はご覧頂いておりますでしょうか?
面白いものを見つけ次第、気まぐれに更新しています。
今回は近未来の航空機について追加してみました、お楽しみ下さい。

それにしてもYOUTUBEで、軍機密ギリギリのような内容も見れる事があります。
その点は、オープンで良い時代になったと思います。

 
 
2014年10月07日
スウェーデン王立科学アカデミーは7日、2014年のノーベル物理学賞を、実用的な青色発光ダイオード(LED)を開発した赤崎勇名城大教授(85)と天野浩名古屋大教授(54)、中村修二米カリフォルニア大サンタバーバラ校教授(60)に授与すると発表しました。

殊に中村教授の経緯は、個人的な思いがあり大変に嬉しいのです。
詳しくはここで言うまでもなくメディアで大きな話題になると思います。

模型でもお世話になってる着陸灯で、ピカーと白く輝く、アレ
あれは日本人の大発明ですよ~ 
アレはアレでも、LEDアレイというものです。

                  
2014年10月05日
慎んでお見舞い申し上げます。
少し前の事になってしまいますが、偵察と人員救出について
マルチコプターの出動を検討させて頂きました。
長野県の企業を通じて前向きに検討しておりましたが
まだルールの整備と信用を得られていないという問題を感じています。
今後の課題として、考えたいと思っていますが、マルチコプターは大変役に立つ道具です。
趣味でのご使用で、危険行為などの悪いイメージを与える問題を起こさないように
くれぐれもご注意をお願い申し上げます。
スカイキャプテンは、皆様の趣味が健全であるように応援し活動して参ります。
2014年09月30日
ご好評頂いております、ビッグコメットME163ですがレッドカラーに付きまして
グロー燃料対策をした新ロットが入荷しています。
新ロットから、値上げになりますが、エンジンマウントが付属するので、エンジン機ユーザーの方はこの機会にお求め下さい。
(レッドカラー以外のバリエーションのグロー燃料対策は未定です)
2014年09月01日
視野が大きく広くなって、まだ軌道に乗らないビジネスを拝見するにあたり
あと一息、あともうひと工夫といった営業案件が数多くあります。

日本経済を活性化する方法は、いくらでもあるという実感を受けています。

産学連携の元に、大学関係者のポテンシャルを発掘して育て、新ビジネスに繋げるのはいい仕事だと思います。
国際化の他、大学ベンチャーという仕事は今後の注目株です。
2014年08月27日
EPO全盛ですが、壊れない夢の材料かと言えばそうでもないようです。
EPOでもハイパワーの高速飛行では墜落すると全損、しかも圧縮で修理不能となります。
壊れないではなく、壊れ難い材料という説明が良いと思います。

むしろ壊れる時は、ジグソーパズルのようにバラバラになってくれた方が修復は易しいと
思いますが、どうでしょうか?

離着陸で失敗し、破損する確率を考えますとEPOが有利のようです。
上級者は離着陸で失敗が殆どないので、修理ができるならば
EPOに拘る理由がないのかも知れません。

2014年08月23日
マルチコプターの空撮は実績と信頼のあるプロフェッショナルにお任せ下さい。

https://www.youtube.com/watch?v=zibzeWRSUTY
無線操縦は危険遊具ではありません。 
事故が多発すると、法律が変わってしまうので初心者様は充分に注意して下さい。
2014年08月14日
バッテリー、アンプコネクタは、ご愛用の品により多種多様あります。
ご自分のお好みに合わせて準備し、はんだ付け等は練習してできるようにして下さい。
粗悪なものを使うと事故の原因になります。
苦手な方は、ご相談頂けましたらサポート致します。
2014年07月08日
マルチコプターの進化が、凄まじいですね。
既に趣味の世界を飛び出して、産業界で仕事を始めました。
私が今、重要に感じるのは
マルチコプターは多様なセンサからの信号で自動操縦など複雑な制御を行っているのでコネクターを甘く見ると危険だという事です。

2014年06月08日
自立型ロボットの開発が盛んですが、完全自立型でなくても充分役に立つ分野があります。
無線操縦技術は、その可能性を拡げて研究開発の進歩に大きく貢献することでしょう。
どんなに素晴らしい自立型ロボットが完成しようとも、最終判断は人間が行うようなそんな世界が望ましいと思います。

2014年06月03日
航空・技術関係記念日のイベントにつきましては、メルマガ配信ででお知らせ致しました。
誰も知らない記念日が沢山あり、運用されていないように思います。
12月17日 - 飛行機の日(ライト兄弟の初飛行)は有名ですが、それ以外のマイナーなイベントが人知れず、行われているという事です。
記念日やイベントの経済効果は決して小さくはありません。
インターネット・Sメディア、ネットワークの力を有意義に利用して下さい。

こちらもご参考下さい!
http://www.kinenbi.gr.jp/
日本記念日協会!
2014年05月29日
お客様からのご要望があって、ガイガーカウンター用GM管を再入荷致しました。
ソ連冷戦時代からの長期ストックですので、軽いキズヘコミがありますが、全品検査にて使用に問題ないものを販売致します。
今回は、円レートも安定し、課税もあるので値上がりとなっていますが
感度チェックは当然ながら、リニアリティ検査も追加してランク分けを行っておりますので
より高性能なGM管をご提供致します。
2014年05月16日
5/12のSMAP×SMAPに「未来型球形飛行物体」の佐藤様(防衛省技官)が出演されていました。テレビだとワールドビジネスサテライト以来、3年ぶりくらいだと思います。
以前と変わらずで、新型パーツの搭載は見られませんでしたがソフトウェア等のマイナーチェンジは行っていると推察されました。マルチコプターよりも話題性あり再燃しそうですね。知名度を上げて欲しいと思います。
それにしても、相変わらず落ち着いた雰囲気でお一人でのご出演ですが、そろそろモデルチェンジして、操縦は誰か若い人にやってもらうとかでないと機械なのでいつヘソを曲げるとも解りません。
・・・余計なお世話ですが防衛省の最新型式が3年前とほぼ同じなのはかなり気になりました。特許も調べてみましたが、残念ながら最新のものはなく新規開発を行ってないように見えます。
2014年05月13日
皆さんも今、大変お世話になっているパソコンの冷却ファン。
低レイノルズ数領域で静止推力の性能を上げるには、プロペラはこのようにするのが良いみたいです。スクリューみたいですね。
外側に向かって拡がっていくのが大きな特徴です。

空力機械は、かっこいいの方向性と性能は強い相関があると言われています。
これもそうですね!
2014年04月06日
http://www.shuwasystem.co.jp/products/7980html/2972.html
災害救援軽量航空機開発研究会のリーダー酒井教授の著書、お奨めです。
  Powered by おちゃのこネット
ホームページ作成とショッピングカート付きネットショップ開業サービス